来世、美少女になる。

来世で美少女になるため徳を積むブログ

夏のワードローブ整理

f:id:m-mmk:20170709140713j:plain

暑中お見舞い申し上げます。ももこです。

GWあたりから衣替えを始め、ようやく夏物の厳選が完了しました!

 

ミニマリストと呼ぶには程遠いですが、平均的な女性のアイテム数に比べるとかなり少ないです。その数、トップス6点 ボトムス5点!ここにリラックスウェアやスポーツウェア、アウター、パジャマ、インナー等々が加わればそれなりの数になりますが、いわゆる「通勤コーデ」に使用するアイテム数は11点です。

 

人間って、多くても2週間分程度しか物事を記憶できないんですって。たとえば2週間以上前の晩ごはんのおかず、記憶だけを頼りにすぐに思い出せますか?「今日の晩ごはんはカレーよ~」って言われて、「えー!先週食べたばっかじゃん!」とはなっても、「やめてよ~!半月前にもカレー食べたじゃん!」とはなりませんよね。洋服も同じで、毎日同じ服を続けて着たり、よっぽどインパクトの強いアイテムを身に着けでもしない限り、「あの人また同じ服着てる!」とはならない訳です。少ないアイテムでも、14パターン以上コーディネートが出来れば「毎日違うコーディネートだ、気を使ってるんだな~」と思わせることが可能なんです。

 

ここで大切なのが、14パターン以上ハズレなしのコーディネートを考えること。曳地いく子さんの著書でわたしが最も感銘を受けたのがこの考え方でした。毎日同じ服を着ていたとしても、それが似合っていれば「お洒落な人」という評価は揺らがない。だけど毎日違う服を着ていたとしても、全部が似合っている服じゃなければ「ダサい服を着ている人」という評価が下りる日が来る。手持ちの服から「似合わない」を手放すことでお洒落の平均点はぐっと底上げできる、というものです。全てのアイテムを組み合わせてみて、客観的に見て似合う、見苦しいところがないコーディネートを一つ一つ確かめていく作業が必須です。鏡の前で何度も試着を繰り返し、時には写真におさめてみたりしながら本当に似合っているのか確認する作業は骨が折れますが必ずその成果が出ます。

 

さて、話を戻してわたしのワードローブのテーマは言うまでもなく「モテ」!!!

男性ウケする、女子アナ風だけどこダサい雰囲気を醸せるよう研究を重ねています。

その結果導き出した個人的なモテポイントはこちら。

・明るい色   ・揺れ、透け、ふんわり、きらきら

・スカート   ・リボン   ・シフォン素材

・シンプルでわかりやすいデザイン(無地、ボーダー)

・適度な肌見せ ・柔らかそうな素材感、シルエット

・時々ピタピタ ・美人百花、andGIRL系統

 

手持ちのアイテムをご紹介しながら、それぞれのモテポイントを解説していきたいと思います。(画像は通販サイトさん、販売店さんからお借りしました。すみません…。)

 

f:id:m-mmk:20170709140744j:plain

小花プリントブラウス/リランドチュール 約15,000円

2017年の購入品。いきなりですが、こちらは男性ウケというより自己満足です。(笑) 白・ふんわり・揺れという点はおさえていますが、ボーダーを除く柄物のトップスは個人的にあまり男性ウケしないような気がします。

 

f:id:m-mmk:20170709140750j:plain

バックリボンボーダーカットソー/12agenda 約6,000円?

2015年の購入品。柄物が苦手な男性陣もカジュアルなボーダーだけは歓迎してくれる気がします。切り替え位置のおかげかバストラインが綺麗に見えます。襟ぐりの開きも絶妙でヘルシーなのに鎖骨が美しく見えるという一品。鎖骨は割と自信のあるパーツなので、夏場の服選びは襟ぐりの開きが勝負所です。

 

f:id:m-mmk:20170709140751j:plain

袖リボンジョーゼットブラウス/プロポーションボディドレッシング 約7,000円?

2015年の購入品。(画像は見つからなかったので2017年で似ているものを探しました…)実際はラウンドネックで、もう少し濃いめのピンクグレープフルーツみたいなお色です。夏のビタミンカラーは最高!明るく元気な印象を与えてくれます。それにしても、赤色は水色と並んで男性ウケ抜群ですね。どのシーズンでも必ず1アイテム以上は取り入れるようにしています。女子トイレの目印なんかもそうだし、「赤=女性」というイメージは根強いようです。

 

f:id:m-mmk:20170709140755j:plain

ボウタイシフォンブラウス/AG by aquagirl セールで約2,000円

恐らく2016年の購入品。(画像はこれまた見当たらず、近いものを適当に見つけてきました…)手持ちのものはもう少しボウタイが小ぶりで襟元が開いています。白・ふんわり・やや透け感あり・リボン…シンプルながらも女性らしいポイントが盛りだくさんなので、地味め大人しめなグッドガールになれます。

 

f:id:m-mmk:20170709140802j:plain

肩リボンカットソー/ユナイテッドアローズ セールで約6,000円

2017年の購入品。(何故か画像が見当たらず、プロポで似たものがあったため画像お借りしました;)実際はシフォンではなく、さらりとしたカジュアルな素材です。(…)着痩せ効果はもちろんですが、コントラストで首元や腕の白さを引き立てる役割もこなしてくれます。

 

f:id:m-mmk:20170709140807j:plain

メロウリブニット/AG by aquagirl セールで約1,500円

たしか2016年の購入品。先ほどのカットソーもですが、個人的に夏場はボトムスに色を持ってきたくなりがちなので、シンプルな黒のトップスは何にでも合わせやすくて重宝します。こちらはピッタリとしたシルエットで体のラインがセクシーに出るので、ワードローブのスパイス的な役割も果たしてくれます。

 

f:id:m-mmk:20170709140731j:plain

カラーボタニカルリバーシブルスカート/アプワイザー・リッシェ 約18,000円

2017年の購入品。毎シーズン大人気のアプのリバーシブルスカート、毎度毎度雑誌とにらめっこしながら購入を見送っていたのですが、今季ついに手に入れました。色・柄・素材・形、どれをとっても文句なしです。男性陣、ボトムスの花柄は大好物なようで花柄スカートは褒められ率が異様に高い。無地のピンクはこれまた自己満足用なので一人で出掛けるときなんかにひっくり返して着ています。

 

f:id:m-mmk:20170709140734j:plain

シアーチェックプチフラワースカート/プロポーションボディドレッシング 約9,000円

2017年の購入品。意外と合わせにくくてあまり着ていません。(…)白・透け・ふんわりで可愛らしいイメージ。黒のリブニットとの相性はバツグンで、差し色次第で印象を変えられるところは気に入っています。今後活用方法を模索していきたいところ…。

 

f:id:m-mmk:20170709140724j:plain

タイプライタースカート/プロポーションボディドレッシング 約7,000円?

確か2015年の購入品。あまりにも男性ウケが良いので愛用し続けています。そろそろワンランク上のブランドでの購入を検討中。ボウタイブラウスと合わせて着た日に森見登〇彦氏のカバーイラストを電車の中吊り広告で偶然発見し、ちょっとしたコスプレイヤーさん気分でした。(笑)ボーダートップスとの相性が良すぎて夏の勝負服と化しています。

 

f:id:m-mmk:20170709140728j:plain

モリーグログランスカート/INTERPLANET 約15,000円

2016年の購入品。ハリのある素材で年間通して着られます。秋~冬に赤のトップスとあわせると本領発揮。ただ、どのアイテムとも合わせやすいので無難に仕上げたいときは助かります。夏場は脇役に徹してておくれ…。

 

f:id:m-mmk:20170709140738j:plain

レースタイトスカート/Jewel Changes 約15,000円

2016年の購入品。こちらは昨年春夏物で、お色は涼しげなブルーグレー。毎シーズン発売されるので、秋冬用に色・素材違いのものを持っています。フレアスカートばかりのワードローブにちょっぴりセクシーなスパイス的存在。とは言っても短すぎない丈なので、いやらしくなることはありません。イメージチェンジにも、パンツではなくタイトスカートを持ってくることで女度はキープします。

 

以上11点のアイテムでハズレのないコーディネートを作ってみました!(あくまでも個人的にです、まだまだ修行中の身ですので生温い目で見守ってください…)

f:id:m-mmk:20170709140820p:plain

写真の撮り方で若干色が悪いですが、16パターンのコーディネートが完成!これで毎日服に悩まず身支度ができます!最後に今後の課題を書き残してワードローブ備忘録を締めたいと思います。お付き合いいただきありがとうございました💛

 

今後やりたいこと▼

・アイテム更新(ブランド、価格帯をワンランクアップ!)

・靴、鞄、小物も組み合わせて鉄板コーディネートを作る

・シーズンごとの靴の見直し

・鞄(色、素材、形、サイズ)の厳選