来世、美少女になる。

来世で美少女になるため徳を積むブログ

転職のかたち色々

f:id:m-mmk:20170916154116j:plain

転職活動続行中のももこです、こんにちは。

なかなか決まりません。もとはといえば、業務内容への関心の薄さといまのままでの働き方(転勤がある。車で通える範囲ですが、公共交通機関利用で自宅から40分以内希望)、人間関係に悩み転職を志したのですが、いかんせん現職の条件が良い。17時退社、残業ナシ、土日祝休み、有給が取りやすい、長期休暇もボーナスもしっかりある、自分のペースで仕事ができる、最寄り駅から直結、通勤時間30分以内…とにかく好待遇。お給料は並ですが、業務内容やこの働き方の対価としては十分すぎるくらいです。

 

荒れに荒れた7月から一変、落ち着いて職を探すようになったら色んなものが見えてきました。転職サイトはもちろん、ハローワークや転職エージェントも利用しています。今回はそんなわたしの経験談をお伝えしたいと思います。

 

・5月中旬

退職を決意し、とりあえずキリの良い年度末退職を上司に申し出て渋々受諾される。年明けたら転職活動スタートかな~と呑気に構え始める。

・7月初旬

お局の嫌味攻撃にとうとうキレる。一週間ほど欠勤。すぐにでも転職してやる!という気持ちで転職エージェントに登録するも、こちらの求める条件が高すぎて愛想を尽かされる。現状より条件が良いところまたは変わらないところでないとイヤだ!と駄々をこね、転職エージェントの提案にことごとく首を縦に振らない嫌な客となる。希望の職種は秘書または一般事務、業種は問わず。

・7月下旬

面接に落ちまくる。新卒の時は大手企業からぽんぽん内定を貰い「わたしは価値のある人間なんだ!」と思っていたが、所詮「新卒ブランド」だったことに気付く。そこそこの学歴である程度きちんと文字が書けてお話できれば良かったのは最初だけだった。新卒採用は「未経験から育て上げる」つもりでの採用だが、中途採用は「欠員補充、即戦力要請!」の採用だそう。だからこちらが期限を設定しての転職活動は難しい。転職したいときが活動の始めどき。運良く希望通りの求人に巡り合えたら千載一遇のチャンス!数年の社会人経験を積んだにも関わらずこれといったスキルも無く、他所で活かせる経験もないため即戦力にはなれない。…等々の情報を得て、少し落ち着く。第一希望職種の求人がそもそもほとんど無いことから、長期戦を覚悟し始める。なるべく早め、年内には転職できたらいいなーという気構えに。

・8月中旬

転職エージェント2社目とやりとりし始める。が、ここでも第一希望の職種は求人が無く、その他の職種への興味も完全に薄れていたため連絡を途絶えさせてしまう。失礼極まりない求職者である。しかしこちらも人間関係や仕事内容はアレだが、条件的には何の不満もなく働いているので焦らず他の道を探し始める。平行して転職サイトで7月に目星をつけておいた求人に応募。何を血迷ったか、大学時代にかじった程度の会計を活かそう!と考えて税理士事務所等に応募するも全滅。完全にやりたいことや自分のスペックを見失っていた。

・8月下旬~現在

転職エージェント3社目とやりとりするつもりが、誤ってエージェントサーチに登録。(詳細は後述)ここでようやく希望する職種の求人がいくつか見つかる。(奇跡!)同時にハローワークを利用しての転職も検討し始める。こちらも第一希望の職種でいくつか求人を発見!やる気が舞い戻る。

 

さて、ここで各サービスの比較をしてみたいと思います。

 

ハローワーク

〇 求人数が多いので希望する求人が見つかりやすい

〇 企業とのファーストコンタクトは職員がとってくれるので楽

〇 マージンが無いため恐らく採用されやすい?

✕ 場所にもよるが、登録や長時間の相談は平日しか受け付けていない

✕ 求人に応募するための紹介状を逐一もらわなければならない

✕ 自分から探さない限り仕事は見つからない

 

・転職エージェント

〇 すべての行程で企業とのやりとりを請け負ってくれる

〇 面接のアフターフォローがある

〇 コンピュータマッチングで自動的に求人情報が送られてくる

✕ エージェントとの密な連絡が面倒、急かされる場面が多い

✕ ピンポイントで希望に沿った求人は少ない

✕ マージンが関わるためエージェントはとにかく「受からせよう」としてくるし、企業はかなり慎重に選考する(気がする)

 

・エージェントサーチ

〇 小規模エージェントを利用できるのできめ細やかなサービスが期待できる

〇 各エージェントごとに得意な職種・業種があるので希望通りの求人が見つかる

✕ 今のところ特になし

 

ちなみに転職エージェントはリ〇ナビ・パ〇ナを利用、エージェントサーチはマイ〇ビを利用しています。パ〇ナは「ご希望に沿う求人がなかなかご紹介できなくてすみません!見つかり次第すぐにご連絡しますね!」という雰囲気だったのに対し、リ〇ナビは「あれもダメ、これもダメですか?じゃあこれはどうですか?早く返事ください。毎日自動で大量の求人送るんで、良さそうなのあったらとりあえず3日以内に連絡ください」という感じで、機械的というか高圧的というか・・・わたしにはあっていなかったみたいです。転職エージェントは大手はどこも似たようなものらしいので、マイ〇ビもそんな感じかな・・・?エージェントサーチは一旦マイナビを介して個別にエージェントさんを紹介してもらうイメージです。それから各エージェントさんと個々にやりとり。個人的には使いやすかったです。

 

とりあえずわたしの場合は超絶ブラック!働くの無理!体壊す!精神壊す!逃げなきゃ!という状態ではないので、「ちょっとやってみたくなる、興味をそそられる仕事がどこかに転がってないかな~」ぐらいの気持ちで転職活動を続けています。ひとまずは年内を目途に第一希望の職種に就きたい!