来世、美少女になる。

来世で美少女になるため徳を積むブログ

靴について考えてみる

f:id:m-mmk:20170909214619j:plainとにかく足がデカいももこです、こんばんは。

足のサイズ、25.5cmって言い張ってますが本当は26.0cmです。加えて、幅広・甲高。身長があるのでヒールが高すぎるものはNG、かといって低すぎるのも気分がアガらないからダメ。(わがまま)靴が買えません。いや、買えるんですけど選択肢がかなーーーーーり限られます。これでもひと昔前に比べたら良くなった方かとは思いますが・・・。

 

足デカさんモデルサイズな女性達にオススメな靴屋さんといえば、

 

・マルイ

・オリエンタルトラフィック

銀座かねまつ

・ダイアナ

 

よく挙がるのがこの辺りでしょうか?わたしはマルイの通販を利用して自宅靴屋さん(シューズの注文に限り8日以内の返品交換が無料!)をすることが多いです。サイズ違いで試し履きしたり、違うブランドの似たデザインを比較してみたり、とにかく便利!よく注文するのはオリエンタルトラフィックやマルイオリジナルの「ラクチンきれいシューズ」です。流行のデザインでサイズが合って疲れにくく履きやすい靴が揃う優秀ブランド…有り難い…。

 

とはいえ、そろそろワードローブの固定化も進んできたし、使用頻度の高い靴や鞄の特徴もつかめてきた。そろそろ「今よりちょっと良い物」へシフトチェンジすべきタイミングかもしれません!洋服も靴も鞄も、試行錯誤しながら自分にとって心地よい「定番品」を見つけて、一つずつその質を上げていく。気分が上がる。毎日がちょっと楽しくなる。背伸びしすぎたかな?と思っても、気付くとその視点が自然になっている。そんな風にしていつのまにか「ちょっと良い物」が自分に馴染んでくれたらな、と思っています。

 

実はこの夏、 「ちょっと良い物」を探しに百貨店の靴売り場やオーダーシューズの専門店を巡ってみました。が、そんな努力もむなしくシンデレラシューズには出会えませんでした。百貨店の靴売り場はサイズ展開はあるものの種類が少なく、デザインも超・シンプルなものか超・奇抜なものしか見つかりませんでした。オーダーシューズの専門店は、セミオーダー/フルオーダーで計3店舗を訪ねました。セミオーダーのお店は、パッと見だと種類がたくさんあって良さそうだったんですけど、「25.5cm以上はこちらのデザインのみとなっております」とこれまたドシンプルなデザインのパンプスしか紹介してもらえず、トゥやヒールの形状が希望通りにいかないということで諦めました。機械で精密にサイズ計測していただいたんですけど、あくまでも既成の靴の調整に使うためだそうで、「これ意味あるのか…?足形の悪さを思い知らされる新手の辱めでは…?」などと失礼なことを考えてしましました。フルオーダーのお店は採寸・トゥやヒール、カットの形状・表裏それぞれの素材や色などきめ細やかに希望を聞いてくださり、理想の靴が仕上がるかと思ったのですが、さすがに予算の希望は言い出せませんでした。職人さんが木型から作ってくださることもあり、ハイブランドのパンプスとそう変わらないお値段なのでは・・・?と感じました。勿論、自分の足(これだけ難癖のある足…)にピッタリで疲れることはないのでしょうけど、元よりブランド信仰の強いわたしは「だったらハイブランド買うわ…」とお店を後にしてしまったのでした。

 

 季節は流れ、秋・・・現在わたしが検討しているのは海外ブランドの靴です。フェラガモの、あのリボン付きのお靴が、どうしても欲しい・・・新婚旅行でイタリアを訪れた際に買おうか迷ったんですが、決断できず買わずに帰国してしまったことが悔やまれます。トリーバーチやレペットなんかも好みのデザインかつ価格がフェラガモよりひかえめなのでこの辺りも要検討。

 

個人的に使いまわしやすい靴を挙げてみます。デザインは骨格診断で学んだ通り、「ポインテッドトゥで太ヒール」。どうしてもそれ以外のものが履きたければ、せめてモチーフが骨格ナチュラル寄りなものかパーソナルカラーの合ったものを選びます。

 

・黒のレザーパンプス   ・ベージュのレザーパンプス

・黒のタッセルローファー ・ネイビーのバレエシューズ

ボルドーのピンヒール

 

これらにシーズン物を追加したら完璧です。

 

【春・夏】

・白系のレース素材やオープントゥのパンプス

・白系の華奢なストラップサンダル

・黒系のカジュアル寄りサンダル

 

【秋・冬】

・黒のエンジニアブーツ

・黒のエレガント系ブーティ

・茶色のロングブーツ

 

これだけハイブランドで買い揃えたら間違いなく破産するので、修理して履き続けたいかどうか、年齢を重ねたとしてもなるべく長く使えるかどうか等をふまえて購入を検討していきます!